Twitter企画のやり方。初イベントは大成功!

Twitter企画のやり方|アフィリエイト主婦

Twitter企画のやり方|アフィリエイト主婦

みなさんご存じ、青い鳥のSNSといえばTwitterですね。
ブログを運営するならやっておいて損は無しの便利ツールです。

例にもれず私もTwitterを活用しているのですが、フォロワーさんが100人を超えたので「イベントを企画したい!」と思い立ち、実際に実施してみました。

結果、丸1日でブロガー仲間が42人、フォロワーさんは42人ほど増えました!

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] みなさん、本当にありがとうございます![/say]

この企画を実施するにあたって、何をするかものすごく悩んだりもしたのですが、実際にやってみて本当によかったです。

ということで、今回はTwitterの企画についてまとめてみました!
これから企画をしてみたい方の参考になれば嬉しいです。

アフィリエイトブログをやるならTwitterをやろう!

今回の企画「ぼっちブロガー脱出企画」とは?

スタート|アフィリエイト主婦

今回私が立ち上げた企画は「ぼっちブロガー脱出企画」というものです。

簡単に言うと、

「ブロガー仲間が欲しいけど、リプライやDMで声をかける勇気が出ない方募集!みんなでブロガー仲間になろう!」

という企画です。

この企画の大きな目的は、ブロガー仲間を増やすこと。
そのメリットをあげると、

このようになります。
そのなかでも特に、「他人の目を気にすることが出来る」「励ましあいながらブログを書ける」大事かなと思っています。

「他人の目を気にすることができる」とは、「仲間に見られている」というプレッシャーを与えられるということ。

仲間に見られていると思うと、やっぱりカッコつけたくなるんですよね。
だからブログの更新が滞らないように頑張ったり、読みやすいように工夫したりすると思うんです。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] いい意味での緊張感が生まれるということですね[/say]

「励まし合いながらブログを書ける」は、誰でも思いつくメリットの一つだと思います。
ブログの運営という作業は、ひたすら一人で行うものですよね。

黙々と記事を書いていて行きづまってしまったとき、「行きづまってしまった、苦しい」とツイートをすれば、「そういうときもあるよね、一緒に頑張ろう」と励ましてくれる仲間がいるのはとても心強いです。

このふたつのメリットは、「ブログ運営のモチベーション維持」に効果を発揮すると思っています。

ブログで結果を出すために必要なことは、とにかく「続けること」だと言われますよね。
続けるためのモチベーション維持って、実は難しいことだと思うんですよ。

飽きちゃうときもあるし、どうしても記事が書けないときもある。
辞めちゃおうかなって思うこともあると思います。

そんな時に仲間がいれば、やっぱり頑張ろうって思える気がするんですよね。

そういうわけで、今回はブロガー仲間募集の企画にしました。

イベントを企画するときに気を付けることは?

チェックリスト|アフィリエイト主婦

私が今回企画を実施してみて、ここに気を付けないとダメだなと思ったことや、こうしておけばよかったなという失敗談を書いてみたいと思います。

「企画の軸」を決める

まず企画を決めるときに考えなければならないことは、

「誰の何のために実施する企画なのか?それによってもたらされるメリットデメリットは何か?」

です。
最初は私も「フォロワーさん100人突破しそうだし何かやろうかなぁ」とぼんやり考える程度でした。
でもいざ何をしようかと考え出したら、全く決まらなくて困りました…。

決まらない理由は、企画の軸をちゃんと決めていなかったからです。

「企画の軸」とは、先ほど書いた「誰の何のために実施する企画なのか?もたらされるメリットは?」ですね。
仕事で企画を提案をするときだって、これらのことがきちんと決まっていなかったら通りませんよね。
Twitter企画も同じです。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] ものごとを始めるときには下準備が大事ですね![/say]

イベントを企画するならきちんと軸を決めてから詳細を決めましょう。
勢いで企画を決めたものの、輪郭のぼんやりした企画では人が集まらないという可能性もありますので…。

今回の私の企画は、次のような軸で決めました。

今回私は、「ひとりでブログを書き続ける孤独感の解消」や「活発な情報交換」を求めていた時期だったので、シンプルに「ブロガー仲間の募集」という形になりました。

応募の条件を決める

企画そのものの詳細が決まったら、応募の条件を決めます。
Twitter企画の応募条件については、他の方々の例を見るのが一番手っ取り早いかもしれません。

一般的な応募の条件は

ということが多いです。
全部という方もいるし、ひとつだけの方もいます。

ただ、企画を盛り上げるためには拡散してもらわないといけないので、RTは必須にした方がいいでしょう。

その他の条件は企画の内容によります。
目的が「フォロワーの増加」だった場合は、フォローが必須条件になります。

そのほか、「あなたのブログのおすすめ記事の感想書きます」のような企画の場合はリプが必要になりますね。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 企画の性格によって柔軟に変える必要があります[/say]

今回の私の企画は、あくまでも目的が「ブロガー仲間を増やす」ことなので、フォローは必須条件にしませんでした。

対象者は「ぼっちブロガー」なので、今回はリプを必須にしました。
最初にリプを送ってしまえば、その後交流を持ちやすいと思ったからです。

RTは拡散を目的として必須にしました。

自分の企画にとって何が必要なのかよく考えて決めましょう!

その他の応募要項を決める

条件が決まったら、その他の応募要項を決めます。

私が今回の企画を実施するにあたって「失敗したな」と思ったことは、「応募期限を設けなかった」ことです。

応募期限を設けなかったことによって、募集告知ツイートをみた人が「いつまでやってるのかな?まだやってるの?」という疑問を持ってしまうことになります。

それは見ている人にとって優しくない募集告知だったな…と反省しています。

やっぱり誰かに何かを発信するときは、ユーザビリティを考えながらやるべきですよね。

企画の告知方法

企画の内容と要項が決まったら、いよいよTwitterで告知します。

告知は普通に要項を記してツイートすればいいのですが、その企画を実施する理由と募集要項を記載しようとすると、140文字ではおさまらないことが多いです。

そんなときは、募集要項を「画像」にして告知する方法もあります。
私は募集要項を画像にして告知しました。

ぼっちブロガー脱出企画|アフィリエイト主婦

このような感じですね。
ちなみにこの画像は、画像編集アプリ「phonto」を使って作りました。

アイキャッチ画像を作ってみる!写真にテキストを貼り付ける「phonto」

告知のタイミングは人の多い時間帯がいいでしょう。
夜20時~23時くらいがいいかな?と思います。

告知が終わったら

告知ツイートを配信したら、あとは反応があるまで待ちましょう。
リプやDMが来たら感謝を込めてお返事を。

締め切り日になったら改めて企画を締め切った旨を伝えるツイートを配信します。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 感謝を伝えることも忘れずに![/say]

企画ってものすごく素敵なこと

Good!|アフィリエイト主婦

今回企画を実施してみて感じたことは、

企画やってみて、良かったぁ~!!

ということです。
ビックリするぐらいの数の反応を頂きましたし、嬉しい言葉もたくさん頂きました。
ブロガー仲間がたくさんできたことは、本当に素晴らしいことです!

企画に関しては至らない点もあったと思いますが、改善してまた何かやってみたいなと思っています。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 次はどんなタイミングかな??[/say]

まだTwitter企画をやったことがない方、やってみたいけど勇気が出ないという方、ぜひやってみてください。
学ぶこともありますし、得るものはあります。

前の記事

フリーフォント|アフィリエイト主婦
無料のフリーフォントを使ってアイキャッチ画像を作ろう!

次の記事

50記事達成!ブログ記事50本書いてわかったこと
ブログ50記事達成|アフィリエイト主婦