「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」初心者のマーケティング本

わかりやすいマーケティング本「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」|アフィリエイト主婦

わかりやすいマーケティング本「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」|アフィリエイト主婦

面白そうな本を物色していたら、どストレートなタイトルが目に入り、思わず手に取りました。

これ、いったいどうやったら売れるんですか?という本です。

アフィリエイトで売りたいけど売れないもの…、いや、売り方がわからないもの、ありませんか?
私はあります。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] …というか、それしかありません(笑)[/say]

私たちアフィリエイターは、商品そのものの価格を変更したり、仕様を変更することができません。
ですが、売り方を変えることは自由にできるはずです。
文章の書き方や紹介の仕方、見せるページやキーワード選定など。

その基礎となる考え方を育てるのに、マーケティングを知っておいて損はありませんよね。
この「これ、いったいどうやったら売れるんですか?」も、マーケティングを教えてくれる本です。

いったいどんな本なの?

いったいどんな本?|アフィリエイト主婦
この本はアフィリエイト初心者にもとてもやさしいマーケティング本だと思います。
私は以前にもマーケティングの本をいくつか読んだのですが、専門的で難しいことが書いてあって、実はあまり頭に入りませんでした。
「やさしいマーケティング」系の本が多いのは、やっぱりマーケティング本って難しいからだと思います。

しかしその「やさしいマーケティング」系の本も、実はまだまだ難しかったりして…。
ド素人が読んでも、理解が追いつかないということがしばしばあります。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 「今回もそうなんだろうなぁ」とぼんやり思いつつ読んでみたわけですが…。[/say]

ところがこの本は、ほとんど小難しいことは書いていないのです。
それどころか筆者のプライベートなエピソードなども交えてあって、ユーモアに富んだ書き口でさらさらと読みやすかったです。

マーケティングのお話もきちんと書いてあります。
各パートごとに実在する企業の成功例や失敗例を挙げて説明してくれるので、非常にイメージがしやすく頭に入ってきやすかった印象です。

では、私なりの解釈を書いてみたいと思います。

売り方の基本

いろんな本を読んでみて思うのですが、最終的に行きつく「売り方の基本」ってコレなのかなぁと思います。

それは「顧客満足」です。

何冊か読んだマーケティングの本に共通することは、「主役は顧客であり、顧客満足を追求するべきである」ということでした。
この本も例にもれず、そのように書いてあります。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 顧客は満足しなければ買ってくれないし、リピートもしてくれないですもんね[/say]

私たち側からすると、自分が作業を頑張っていることだったり、自分が一生懸命販売している事実にばかり目が行きがちです。
自分は頑張ってるから「やってる感」は強く感じることができます。
でも大切なのは「やった事実」じゃなくて、「それによってもたらされる顧客の満足」なんですよね。

顧客が満足することによって商品が売れて、リピートしてくれる。
アフィリエイトの世界だってリピーターがいたほうが圧倒的に強いですよね。
いわゆる「ファンがつく」っていう状態になったら無双できるかもしれないし…。
今の私にはまだまだ、まだまだまだ先のお話ですけどね(;´・ω・)

ブルーオーシャンを探すには

ブルーオーシャンを探すには|アフィリエイト主婦

みなさんは、ブルーオーシャン・レッドオーシャンという言葉をご存じですか?
恥ずかしながら私は知りませんでした…。

レッドオーシャンは血の臭いに群がるサメだらけの赤い海、競合だらけの市場です。
ブルーオーシャンは広々と広がるサメなどいない青い海、競合の少ない市場のことをいうそうです。

競合ひしめくレッドオーシャンで勝負をするには、相当の体力が必要です。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 時間もお金もかけてやっと戦える市場なので、駆け出しの兼業初心者アフィリエイターである私にはとてもじゃないけど戦えません…。[/say]

ということはブルーオーシャンで戦えばいいのですが、ブルーオーシャンは見つけるのが難しい…。
簡単に言うと「穴場」ですかね。

みんなが知らない場所だけど、ものすごくいい場所。
ものすごくいい場所だけど、見つけるのは大変…ということですね。

ブルーオーシャンを見つけるきっかけになりそうなことって何なのか?この本を読んで自分なりに考えてみました。
頭の中に残っている、今まで読んだ数冊の本の内容を総動員してみた結果がこちら。

ターゲティングをきちんとしよう。

ということでした。
マーケティングの本やアフィリエイトの本を読んでみて、どの本にも大切なことだと書いてあります。
誰に売るのか?がはっきりしないままだと、レッドオーシャンに足を踏み入れることになります。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] じゃあどうしたらいいんだろう?[/say]

例えば、「女性に売りたい」だけだったら、女性にモノを売りたい企業やアフィリエイターはごまんといますよね。
競合だらけの市場になってしまいます。
それが、例えば「ダイエットをしたい女性に売りたい」になれば、「女性に売りたい」だけよりもかなり狭まりますが、これも競合がひしめくレッドオーシャンです。
では「筋肉をつけながらダイエットをしたい女性に売りたい」だと、さらに狭まります。
そうすると、サメの数は減っていきます。

さらにブルーオーシャンを探すには、「顧客の隠れたニーズ」を発掘することが大切。
「隠れたニーズ」は当然隠れているので、発掘するのは大変です。
よーくリサーチをして、うんと考えて、どんな人が何を欲しているのか?探る必要がありますね。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] やっぱり「誰に売るのか」はすごく大事ですね![/say]

これ以上はどうやったらブルーオーシャンになるのかはまだわかりませんが、こうやってターゲットを絞っていくことや隠れたニーズを探ることが、ブルーオーシャンを見つけるヒントになるのかなと思いました。

アフィリエイターの戦い方

アフィリエイターの戦い方|アフィリエイト主婦

戦う場所を見つけたら、次にどうやって戦えばいいのかを考えなければなりません。
私のような弱小初心者アフィリエイターは、当然大企業のような力を持っているわけではないので、戦い方を考えなければいけませんね。

この本の中では、小さなプリン屋さんの戦い方について書いてあるのですが、とても参考になります。
大企業が大きな工場で大量に作るプリンじゃなくて、マスターが一人で作る小さな小さなプリン屋さんのお話。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 私たちアフィリエイターも、個人で始める小さなお仕事なので、通ずるところはあると思います。[/say]

このプリン屋さん、味は美味しいけど、利益度外視の価格設定だったんですね。
それじゃあ会社としてやっていけないので、なんとかできないか考えてみましょう、というケーススタディです。

その中のひとつに、「トッピングをつける」というものがあって、なるほどと感心しました。
プリンにフルーツをトッピングしたり、クリームをトッピングしたりするんですね。
トッピングは顧客側からしたら手軽で安価にできるし、店側からしたら一品あたりの単価をあげることができます。

いわゆる「付加価値」をつけるという方法です。
付加価値はアフィリエイトにも必要だと思います。
むしろこれがないと売れないというか、生き残れないのではないでしょうか。

アフィリエイトはモノを売っているようで「情報」を売っているようなものだと思います。
プリンのようにフルーツやクリームを乗せればいいというわけにはいきませんが、他のサイトにはない何かを盛り込んだ記事づくりを常に意識しないとダメなんだなと思いました。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 実際にやるのは難しいんですけどね(^_^;)[/say]

また、この本には「ランチェスター戦略」というものについて書かれています。
ランチェスター戦略には「強者の戦略」と「弱者の戦略」があり、私に該当するのはもちろん「弱者の戦略」です。

強者の戦略はその名の通り、力を持っている企業が実施できる戦略です。
弱者の戦略とは、局地戦・接近戦・得意技で戦う、差別化戦略です。

以前紹介した「ウサギくんと少年ルッコラのマーケティングの物語」でも出てきた、「集中する」「差別化する」というようなことが「弱者の戦略」になるという感じでしょうか。
「どこよりも安くする」は強者の戦略ですね。

自分に合った戦い方を学んで実施しないと、どんなにいい記事を書いてもユーザーに届かないということですね。
もっともっと勉強しないといけません。

まとめ

マーケティング本のまとめ|アフィリエイト主婦

このこれ、いったいどうやったら売れるんですか?は、マーケティング入門本としてはものすごくわかりやすい本だと思います。
堅苦しい書き方は全くしていないし、私のような素人にも「こんな売り方があるんだな」と自然に理解できる構成になっています。

  • アフィリエイトを始めたばかりでどんなふうに売って良いのかわからない。
  • どんな売り方があるのか分からない。
  • マーケティングの本を読んだが難しくて分からなかった

こんな方にはぴったりの本です。
非常におすすめなので、ぜひ読んでみてください!