検索ワードがわかる!Search Consoleの導入方法

検索ワードがわかる!SearchConsoleの導入方法|アフィリエイト主婦

検索ワードがわかる!SearchConsoleの導入方法|アフィリエイト主婦

自分のサイトができて「頑張るぞ!」と気合が入り、Googleアナリティクスを導入して、ユーザーが訪問するのを今か今かと待ちわびている方も多いことでしょう。

自分のサイトを訪問してくれるユーザーがどこから来ているのか気になるところですが、Googleアナリティクスを見ればどこから流入しているのかざっくりわかります。

アクセス解析とは?Googleアナリティクス導入方法

初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方

検索エンジンから辿り着くユーザーもいるし、ブログランキングなどに参加していればそこからくるユーザーもいるし、他のサイトのリンクからということもありますね。
サイトやブログを開設したばかりの時はほとんど流入はありませんが、こまめに記事を書いて時間が経てば自然と流入数が増えていきます。

そのなかでも、一番大きい変化は「検索エンジンからの流入」だと思います。

ウェブサイトはただ作って公開するだけでポンと全ページが検索結果に表示されるわけではありません。
時間をかけて検索エンジンに認識されていくので、検索エンジンからの流入は徐々に増えていくのです。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] 結果を急がず、コツコツと作業を続けることが大事ですね![/say]

検索エンジンからの流入が増えてくると気になるのが、「どんなキーワードで検索して私のサイトを訪れてくれたんだろう?」ということです。

このキーワードはとても大事です。
自分が狙ったキーワードで来てくれたのかどうかが分かるし、自分が伸ばすべきキーワードも分かりますよね。

ところが、Googleアナリティクスを導入しただけだと、検索キーワードを追うには力不足なのです。
そのためにもうひとつ導入するべきツールがあります。

それがGoogleの提供する無料ツールSearch Colsoleです。

もくじ

Search Colsoleの導入方法

searchconsoleの導入方法|アフィリエイト主婦

前置きが長くなってしまいましたが、Search Colsoleとは一体どんなツールなのでしょうか?
Search Colsoleは、自分のサイトがGoogle(検索エンジン)にどんなふうに見られているかがなんとなくわかるツールです。

自分のサイトのページがどれくらいGoogleに認識されてインデックス(登録)されているのかとか、その過程でこんなエラーが出ているから直した方がいいとか、自分のサイトがGoogleの検索エンジンの検索結果に表示されるために必要な管理ができる無料ツールなんです。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] Googleアナリティクス同様、初心者が使いこなせる機能は限られますが、絶対導入しておいた方がいいので、そんなに難しく考えずにとりあえず導入してみましょう![/say]

Googleアカウントをまだ持っていない方は、後々めちゃくちゃ使えるのでアカウントを作成しておきましょう。

SearchConsoleの登録をするのに必要な下準備は下記の通りです。

まずはこの二つだけ!
この下準備さえしておけば登録は簡単です。

アクセス解析とは?Googleアナリティクス導入方法

では、早速Search Colsoleに登録してみましょう!

Googleアカウントにログインする

Search Colsole画面で、自分のサイトのURLを入力して「プロパティの追加」ボタンをクリックする

次の画面で「別の方法」タブを選択し、Googleアナリティクスを選択する

「確認」をクリックする

これで登録は完了です。
簡単ですね!

このツールは、インデックスされた自分のサイトがどんなワードで検索されて、いくつクリックされたのかが分かります。
Search Colsoleでも確認できますし、Googleアナリティクスでも確認できます。

どんな検索ワードで来ているかわかる「検索アナリティクス」

どんな検索ワードで来ているかわかる「検索アナリティクス」|アフィリエイト主婦

では、早速検索キーワードのデータを見てみましょう。

Search Colsoleの画面を開いて、ログインします。
自分のサイトのスクリーンショットとURLが表示されるので、クリックして開き、

左側のメニュー>検索トラフィック>検索アナリティクス

を選択します。

すると、自分のサイトがどんなキーワードで検索されて、訪問されたのかがわかります。
さらに閲覧する情報を増やしたいので、グラフの上にあるチェックボックス全てにチェックをいれておきます。

「クリック数」は、検索結果に表示された自分のサイトがクリックされた数です。
「表示回数」は、検索結果に表示された回数。
「CTR」は、要するにクリック率ですね。表示回数に対するクリックの割合です。
「掲載順位」は、検索されたキーワードが何位に表示されているかの平均です。

このデータが見られれば、今後の自分のサイトの方向性を定めたり軌道修正したりするのに一役かいます。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] このキーワード狙ってたけど、競合が強すぎて全然順位あがらないや…[/say]

とか、

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] このキーワード、よくクリックされているし表示順位も悪くない。強化していこう![/say]

とか、戦略を練ることができますよね。
とっても大事な指標なので、日頃からチェックするようにしましょう!

Googleアナリティクスから見る「検索クエリ」

さて、この検索アナリティクスはGoogleアナリティクスからも見ることができます。
まず、Googleアナリティクスを開きます。

左側のメニュー>集客>Search Console>検索クエリ

を開くと、同じように検索キーワードや表示順位を確認することができます。
Googleアナリティクスでアクセスデータを確認しているときに、

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] あ、そうだ検索クエリも確認しとこう[/say]

となったときは、わざわざSearch Consoleを開かなくていいので便利ですね。
見られる指標は大体同じなので、どちらで確認してもよいと思います。

検索キーワードは自分のサイトの未来を左右する

検索ワードは未来を左右する|アフィリエイト主婦

何度も言うようですが、検索キーワードを知ること、検索結果を知ることはとっっっても重要だと思います。
アフィリエイト歴の長い方や、マーケティング力の高い方なら、狙ったキーワードで上位表示させて高いCTRを叩き出せるかもしれません。

でも、私たちは初心者です。
どんなキーワードが強みなのか、弱いキーワードは何なのか、何をすればいいのかわかりません。
だからとにかくやってみて、データを見ながら強みになりそうなキーワードを見つけていくしかないと思います。

[speech_bubble type=”rtail” subtype=”L1″ icon=”nekoprof.jpg” name=”ネコ”] とりあえず走りながら考えるしかないですね[/say]

導入、設定は簡単なので、さくっとSearch Colsoleに登録しておきましょう!

前の記事

丸まるキーボードのレビュー|アフィリエイト主婦"
ELECOMの丸まるシリコンキーボードのレビューです!

次の記事

アイキャッチ画像を作ってみる!写真にテキストを貼り付ける「ph…
写真|アフィリエイト主婦